読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットって大変だね

私は今、人生初のダイエットに挑戦している。

学生時代は体重増加とともに身長も伸びていきプラマイゼロの体型だった。

食べることになんのこだわりもなく、ジャンクフードをむさぼる毎日…

そのおかげか、おっぱいは成長した。

中学時代はAカップ以下だったのが、高校生から急激に成長した。

高校生になってから変わったことといえば外出が増えたのと初めてマクドナルドへ行くようになったこと。マクドナルドありがとう。

 

そして社会人になり、身長の伸びが止まった。しかし、体重増加は止まらない…

焦る私…

でも人生でダイエットをすることなんて考えていなかった私は社会人になって2年間、学生時代と同じ食生活を続け、今では59kg

昔からだったが、ベルトの上にお腹がのるようになっている。

女友達にも指摘され、1週間前からダイエットを決意。

運動嫌い、めんどくさがり、な私はとにかく食べないダイエットにすることにした。

元々、食へのこだわりがないので、空腹感があっても食事の時以外は水を飲んで過ごしている。

食事も朝はいつも食べないし、昼は給食がある。この給食も今後はおかわりをやめて白いご飯もなしにしよう。

夜はいつも通り食べるが、お腹いっぱいと感じたら無理に食べない。

これを1週間続けたら誤差の範囲かもしれないが1kg痩せた。そこから減る気配がないのでモチベーションが下がる…

ダイエットを意識するようになって、食べることへのありがたみを改めて感じるようになったことは収穫だ。

量を食べることをやめたので、一回の食事は食べたいものをゆっくりと味わって食べるようになった。ついでに、好きなものを少量、間食なしにしたので食費も節約できる。

でも、空腹感?栄養失調?からか倦怠感もあるので、慣れが必要だろう。

目標は53kg!!その後は55kgをキープできるといいな。

根拠と理由のない発言が嫌い

先日、行った相席屋で出会った20歳と謎にLINEをしている。

興味のない人間とのLINEに時間を使うなんて人生の無駄だと思って、ぶちってきた私には珍しいことだ。

私とは縁のないチャラい20歳。相席屋に来て、それなりに私と会話が弾むから陰キャではないのだろう。

これも経験と思い、適当にLINEに返信しているのだが、なぜかイラっとする。

元々私はそれほど相手に興味がないところからスタートしているので、無理やり自分の興味のある部分を探って質問して、自分にとって面白いLINEにしているわけです。

 

嫌いなタイプは?→「運動できない人」→なんで?→「なんか萎える、恋愛対象じゃなくなる」→どのくらいできないとだめ?→「人並みかそれ以上」→彼女とスポーツしたいタイプ?→「そう!公園で遊びたい」

 

とまあ、こんな内容のLINEです。

何が嫌か分析すると、こっちが質問しないと聞きたいことを言いださない遠回しで効率の悪い会話。それと、根拠と理由のない自己主張だ。

すぐにぶちるんじゃなくて、相手の面白さを引き出す人間になりたいなって思うけど、こいつの面白さなんて私が引き出す意味あんのかって思えてきたわ。

引き出す中身のある人ならいくらでも掘り下げたいけど、根拠も理由もない発言は掘り下げてもその場のノリで返されるならなんの学びにもならない。

その人の考えだから…と思う自分もいるが、考えっていうほど考えて発言してんのかって思ってくるよね。 

誰か面白いLINEしてくれる人いないかな。今度はどんなLINEなら私が面白いと思うのか考えてみよう。

婚活ブログの需要

私が婚活ブログというものがあるのを知ったのがここ数日。

勝手にリンクを貼らせていただくと、このブログのYU_Uさんがめちゃくちゃ面白い。

 

http://ameblo.jp/yk1267

 

その後、とことん突き詰めるタイプの私は「婚活ブログ」で検索し記事を読み漁る。

でも婚活ブログって30代の人のが多いんですよね、私は自分に近い人のを読みたかったので少し残念。そして、YU_Uさんを超えるブログにもまだ出会えず…

このブログ面白いよってオススメがあれば皆様教えてくださいな。

 

それと、婚活ブログの需要ってどこにあるのかしら?

私みたいに婚活してる人が見るの?それともあいのりやテラスハウス、お見合い大作戦的な他人の恋愛が好きな人が見るの?

意外とブログが書籍化されてる人もいてびっくりしたわ。どこに需要あるんだろう。

私はこのブログをどの層に向けて発信してるのかよくわかってないけど

いずれの目標は書籍化だな!!(嘘)

何にしても続けなければ意味がない、三日坊主の私がどこまで続くのやら…

若さという呪い

女性はみんな若さという呪いにかかっているんじゃないかと思います。

かくいう私もその一人です。

 

三十路という言葉がありますよね。女は30歳になると途端に市場価値が落ちる。婚活パーティーでもそうではないでしょうか?

 

それと、JKという肩書き。最強ですよね。何をやっても許される年齢。

 

私もJKを卒業する時に思いました。JKブランドを失ったら誰も相手にしてくれないんじゃないかと。

19歳が終わる時、10代じゃなくなると思い、20歳が終わる時、ハタチじゃなくなると思い、21歳22歳と年を重ねるごとに誕生日は祝うものではなくなりました。

 

22歳の今、少しだけ呪いが解けかかっています。

まだまだ25歳を超えた時の恐怖はありますが(四捨五入して三十路という響きは恐ろしい)

若さという呪いにかかっている人はその年齢分の誇れる生き方をしていないんじゃないかと思うようになりました。

 

見た目の美しさはみんな時が経てば失われます。

でも生きてきて積み重なった経験や考え、魅力はいくらでも増やせます。

30歳になった時、若さに負けない魅力を身につけられる年の取り方をしたいな。

そのためには、若さという呪いじゃなく、若さという武器を使って、経験値を増やしていく。失敗成功から学んで、とにかく考える人生を歩んでいきます。

私の人生設計

これ、自分より年上の女性に言うと喧嘩売っちゃうので言いませんが、私の人生設計のお話です。

あ、女友達や男友達に言うと受けますよ。(いろんな意味で)

 

私は子どもを27歳で産みたいです。高齢出産はリスクがあるため。

結婚してから出産まで2年かかると考えると、結婚は25歳でしたい。

結婚までの交際期間は普通は2年と考える人が多いでしょう。

ということは!23歳の時点で結婚相手と出会っておく必要があるのです!

そして、私は現在22歳…8月の誕生日で23歳になります…

逆算すると時間がない!!(この計算自体おかしいとの声をありますが)

 

女性の結婚適齢期をクリスマスケーキで例えることがありますよね。

クリスマスケーキは予約完売。24,25の当日にギリギリ売れて、26になれば誰にも相手にされないと…

私はなかなか秀逸な例えだと思ってます。

 

私はまだクリスマスケーキの予約期間。市場価値が最も高い時に、出会いの数を最大数にしておきたいのです。

 

これまでの活動記録をざっくりと

2016年5月 突然の街コン1人参加
知り合った人と交際開始
2016年6月 男友達から告白
2016年8月 交際に飽き始める
会うのが月1ペースになる
2016年8月 友人Cの男友達から告白
2016年9月 友人ABと相席屋へ行く
2016年12月 男友達と食事
2017年1月 破局
2017年1月 友人Aの男友達から告白
2017年2月 友人Cと相席屋へ行く
2017年3月 友人Bのために合コンセッティング
2017年3月 友人Aと街コン2回目の参加+相席屋へ行く

はい、一見すると交際中に浮気してんじゃんっていう最低な記録ですよね。
あなたの浮気の基準はどこからですか?異性と遊びに行ったらですか?気持ちが動いたら?肉体関係をもったら?

異性と遊びに行くのもNGだとしたら私は浮気をしてましたね。ごめんなさい。
言い訳させてもらうと、後者の2点はなかったですからね。
気持ちが動いたら?→そもそも交際してる人への気持ち自体、8月で冷めてます。そして、交際中に出会った人、告白された人への気持ちは全くありません。
肉体関係をもったら?→破局するまで他の異性と手も握ってないからセーフ!!破局したあとは…(笑)

いろんなことをしてきたわけですが、逆を言えばこれで全部ですよ?異性との関わりやら出会いやら。少ないない!?
また気が向いたら、過去エピソードも書きますね。

私のスペック

そんないいもんじゃないです。
ですが、自己満足ブログで謙遜しても仕方ないので正直に…

まず、私は自己肯定感がある人間です。
あと、所属しているコミュニティのレベルが低い、世界が狭いのでそれなりにモテる人生を送ってきました。

見た目→友達と並ぶと可愛い方扱いされる
顔の系統→ 広瀬すずっぽい。髪型含め。
髪型→黒髪ボブ
雰囲気と服装→清楚系
身長→166 (でかい。ヒール履けない)
体重→59 (最近太ったのでダイエット中)
おっぱい→Gカップ
学歴→短大卒
職業→地方公務員の保育士
住まい→実家暮らし
金銭感覚→定期預金してる、ブランドファッション旅行食事興味なし、とにかくお金のかからない女、その代わりに某女性アイドルに貢いでる
性格→理屈っぽい
アピールポイント(他人から言われた私のいいところ)
自他ともに認める性格の良さ
常に笑顔
地頭がいい
感情的にならない

どうでしょう。悪くないでしょ?
私は婚活するからにはというか、生きていくためには、万人受けをするスペックを持ち合わせるように努力してきたわけです。

そりゃ、年収何千万とか絶世の美女とかそんな無理はしません。私が頑張れる範囲(超狭いけど)で理想の自分になったのです。

私は自分の人生に後悔したことがないです。だってその時にそれが1番いいと思っていつも行動してるわけだから後悔することないでしょ?

さあ、話を戻して…
このスペックで私は婚活に挑むのです。
今まで紹介、合コン、街コン、相席屋、ネットなどいくつか出会ってみましたが、大体みんな私のことを好きになります。
私が一言、「付き合って」と言えば付き合えます。
でもそれって、その男性が出会った中で私が1番ランクの高い女性+俺でもいけそうって思ったからでしょ?と思うんです。
そういう人って私から見て全然魅力的に見えないんですよね。
だからこれからの婚活では、私なんかにすぐに興味を持たないような男性を狙っていきたいなと思います。