格安スマホデビュー

ついに、格安スマホに契約変更した。

父親が格安スマホにしてて激推しされていたが、使いにくさとめんどくささに負けて手を出してなかった。

でも、さすがに3年半お世話になったiPhone5Sちゃんも電池が持たなくなってきた...

そして、DMMで契約してHUAWEI NOVAの機種にしました!!

 

やはり使いにくい...初AndroidOSなので仕方ないがいろいろ時間がかかるのがなー

まあ料金がiPhoneと比べて半額になったのは大きいし我慢。

 

はてなブログのアプリも取ったし、これを機会にアプリの断捨離もできるし、ブログ再開していきたいな

自尊心向上

ここにきて、自尊心が高まりまくっている。

それは恋愛に関してだけだが。

きっと、出会った男の人は、みんな私のことを好きになるだろうと思う。

その好きは、セックスしたいだけかもしれないし、結婚相手の条件としていいだけかもしれないから、自分の都合のいいようには解釈しないようにしている。

いい人生だったと言いたい。そのために日記をつける

私は影響されやすいらしい。

 

Twitterは、ももクロの情報収集とオタクとのコミュニケーションツール

youtubeは、自己顕示欲を満たす場

はてなブログは、婚活の毒吐き場のつもりが、自己啓発アピールの場になっているな…

外部との接触の機会があるものはこの辺りに手を出している。

 

あと、定期的に書いているのは、

手帳アプリ→仕事と遊びのスケジュール管理

家計簿アプリ→自分の支出管理

メモ帳→婚活で出会った人の情報をメモ。経過時間などを記入している我ながら恐ろしい性格である。

 

そして、新たに日記に手を出し始めた。

なぜかという話をしよう。

趣味で仲良くなった愛ちゃん(橋本愛ちゃん似なので愛ちゃんと呼ぼう)がアクティブでよくいろんなところに遊びに行く。そして写真を撮るイマドキ女子である。

で、もらった画像がそのままカメラロールに蓄積されるのだが、なんかもったいない気持ちになってきた。

そして、前回ブログに書いたが、人生を楽しみたい自分がいる。

愛ちゃんのおかげでリア充的なイベントへの参加機会も増え、本当に楽しいかはわからないが楽しそうなことをしている私。

行動している、写真もある、だが覚えていない!!

そうだ、日記をつけよう。

目的はなんだろう。振り返った時にその時のキラキラした気持ちを思い出すためかな。

写真が添付できる日記アプリを利用して、写真も成仏させよう。

毎日は書かなくてもいいや、キラキラした時だけ書く。

私、こんな楽しいことしたんだよーって将来誰かに話すネタにでもなるといいな。

 

 

やりたいことリストで毎日が輝くかも?

1週間前の私の口癖が「楽しいことをしたい」だった。

1週間のうち5日間働いてる2日間休む。平日は仕事してご飯食べて寝る生活で、朝になればまた仕事…

なんのために働いているのかわからなくなってきた。生活のためなんだけど、自分の人生なのに楽しみがないこの状況に納得できなかった。

検索魔の私は、すぐさま「楽しみのない人生」「人生 楽しみ」で検索した(笑)

すると、やりたいことリストを作るといいという案が!即採用でした!

やりたいことリストには、どんなありえないことでもどんな小さなことでも書いていいんだそうで。100個くらい書く勢いがいいそうだが、実際私が書けたのは7個程度…

分類すると、恋愛の願望、これが欲しい系、趣味についてかな。

 

そして、できることから実行に移した。

特に趣味に関しては、友達に声をかけたり、ネットで検索したり、我ながら行動力だけはある。

上手くできればまたここでも報告しようかな。

 

欲しいものに関しては、値段の問題や使う頻度、代用品があるなどの理由で買うに至らなかったものが多い。

現状、切実にお金がないので、家計簿アプリを使い、私のお金の使い方が把握できて余裕があれば買うことにした。

まあでも気分が変われば、とりあえず買ってみるという手もあるだろうな。買ってみて自分が満足できるのかそれほどでもないと思うのか興味もあるし。

 

自分がやりたいことをやるって簡単なようで今までの自分ができなかったことだ。特に高校時代の私とか。

これをしたらどう思われるかな?と周りを気にしていたから。

でもどう思われたっていいんだよね、だってそれをしたいのが自分なんだから。人のために生きる人生じゃなくて自分が楽しむ人生なんだから。

昔より強くなれた気がして今の自分が好きだ。

料理をしよう

料理ができる男子についてブログを書いてたんだけど何故か全部消えた、ショック。

 

で、結局言いたかったことは、モテる男は料理ができるアピールはしないよってこと。女の子を立てて、できるけど言わないんだよ。男の自分語りほどださいものはない。

 

女の私は、料理を当たり前にできるようになりたい。だからとりあえず休日の夕飯は私が作るようにした。ゆくゆくは、1ヶ月の夕飯を毎日作ってみて、結婚してからも働きながら自炊が可能だということを証明したい。

自尊心の低下

婚活をするたびに自尊心が低下していっている。

はぁ…必要とされる人間になりたい。ならなきゃ。

ファッションが楽しくなってきた

みんなが学生時代に感じることを今更ながら思うようになりました。

今まで服なんて他人におかしいと思われない無難なもので良いと考えてました。

自分を着飾るほど自分に興味もなかったから。

でも社会人2年目の夏、生まれて初めて自分で化粧をしてみようと思い立ち実行。

(これに関しては化粧した方がいいと自分の意見を押し付けてきた元彼に感謝してます。)

美容系YouTuberの動画を漁り、ネットのプチプラコスメの口コミを漁り、化粧が楽しくなってきた秋。

そして、春になりファッションにも目覚めてきた。単純に春夏服が明るくて好きなのと安くてたくさん買えるからというのがある。

それと、自分の心の持ちようの変化だ。

今までは流行遅れは嫌だな、私には似合わないなキャラじゃないなと思って諦めることが多くあった。

だが、どこかの意識高い系女子が言っていた。「この服は似合わないと諦めたらだめ、その服が似合う女になるの。」と。

 

また話は変わるが、私は自分のことを可愛いと思っている。更に自己肯定感が高く、自分のことが大好きだ。

だけど、化粧しておしゃれするのはこっぱずかしかった。楽しそうにおしゃれするのは可愛い自分大好き感が溢れ出ているように思えた。だからそんな他人を見るときに、可愛いものを身に付けてもあなたが可愛くなるわけじゃないよと心の中で思っていたりもした。

 

しかし、メイクが出来るようになり微々たる差だが見た目が変わり、自分はおしゃれして可愛くなりたいと思う側の人種に近づいた。

だからファッションも自分を可愛く見せるためにしても良いと自分を許せるようになった。

自分が自分に課したプライドを打ち砕けたような感じだ。

適度にいいなと思った流行を取り入れ、ファッションのNGポイントはネットの情報で知り、最低限のファッションのルールを守っていれば良いと思えるようになった。

今、好きな人がかっこいい系の女が好みと聞き、今まで着たことのない服にも挑戦している。

出かける前の1時間をこんなにも女子っぽく過ごせる日が来るなんて…!

30分かけて化粧して、服の組み合わせを考えて、鏡の前でファッションショーして…うん、自分大好きな私にはぴったりの過ごし方かもしれない。