いい人生だったと言いたい。そのために日記をつける

私は影響されやすいらしい。

 

Twitterは、ももクロの情報収集とオタクとのコミュニケーションツール

youtubeは、自己顕示欲を満たす場

はてなブログは、婚活の毒吐き場のつもりが、自己啓発アピールの場になっているな…

外部との接触の機会があるものはこの辺りに手を出している。

 

あと、定期的に書いているのは、

手帳アプリ→仕事と遊びのスケジュール管理

家計簿アプリ→自分の支出管理

メモ帳→婚活で出会った人の情報をメモ。経過時間などを記入している我ながら恐ろしい性格である。

 

そして、新たに日記に手を出し始めた。

なぜかという話をしよう。

趣味で仲良くなった愛ちゃん(橋本愛ちゃん似なので愛ちゃんと呼ぼう)がアクティブでよくいろんなところに遊びに行く。そして写真を撮るイマドキ女子である。

で、もらった画像がそのままカメラロールに蓄積されるのだが、なんかもったいない気持ちになってきた。

そして、前回ブログに書いたが、人生を楽しみたい自分がいる。

愛ちゃんのおかげでリア充的なイベントへの参加機会も増え、本当に楽しいかはわからないが楽しそうなことをしている私。

行動している、写真もある、だが覚えていない!!

そうだ、日記をつけよう。

目的はなんだろう。振り返った時にその時のキラキラした気持ちを思い出すためかな。

写真が添付できる日記アプリを利用して、写真も成仏させよう。

毎日は書かなくてもいいや、キラキラした時だけ書く。

私、こんな楽しいことしたんだよーって将来誰かに話すネタにでもなるといいな。